いくつもの金融機関から融資を受けており…。

総量規制により借り入れが制限されるのは、個人として資金を借りるという場合です。従って、個人が業務用資金として借り受ける場合は、総量規制の対象からは外れます。いくつもの金融機関から融資を受けており、月に何件もの返済を余儀なくされて思い煩っている人は、カードローンの借り換えを熟慮してみたほうが利口です。消費者金融においては、一定ライン以上の借入を行なう時は収入証明書が必要です。「収入証明書が原因で親しい人に感づかれるのではないか?」と気づかう人も少なくありません。貸付額により異なってきますが、実質年率3%という低金利でローンが組める銀行もあるわけです。返済についても、フリーローンということならご自分の口座から自動で振り替えになるので、とてもお手軽です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です