両親の看護・介助に忙しい…心労軽減の豆知識

長い間介助・看護に慣れていても、相談する相手を見つけるのに苦労するケースがよく見られます。これは同じ世代となると友だちに同じ環境の人がいない点や、親戚間の付き合いというものが少なくなってきている状況が遠因でしょう。30歳台で既に親が要介護認定されているケースでは、結婚しているかどうかで相談事の性格も変化します。独り身でしたら実の両親が対象でしょうし、他方で既婚の方でしたら義父母を介護する可能性もあるからです。どの場合でも、ストレスは決して個人で抱え込まないことが大事です。絶え間ない介助と看護生活というのは内面的・肉体的につらく、出口も明確でない事で苦しみを訴える事もあります。とはいえ、同じストレスに苦しむ方は他にも大勢いるのです。吐き出せる場がある事も不可欠です。
http://s-dentetsu.jp/line/line.php?linecd=2260-01

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です